予防できる老化と予防できない老化

老化は誰にでも訪れるものですが、予防できる老化というものがあります。同じ年齢でも老けて見える方と若々しく見える方が居ますが、後者は予防できる老化を積極的に行っているのです。では、予防できない老化と予防できる老化はどのようなものがあるのでしょうか。

 

予防できない老化

 

予防できない老化は、年齢により細胞やホルモンの分泌の機能が低下することで起こる、身体の様々な変化です。細胞やホルモンは美容や健康、精神面など幅広い役割を担っています。これらの分泌や機能が低下することで起こる老化は予防することはできません。

 

予防できる老化

 

一方、予防できる老化は生活習慣や食生活を改善することで実践することができます。予防できる老化は、ホルモンバランス、身体の酸化、たんぱく質の糖化の3つがあげられます。ホルモンバランスは、体内にある100種類のホルモン分泌のバランスを整えることがあげられます。
夜の10時から夜中の2時まで熟睡する、適度な運動を行う、趣味に没頭したり人と会話して脳を活性化させるといった方法があります。
身体の酸化は、体内で作られる活性酸素の量を減らすことで予防できます。活性酸素を増やす紫外線を浴び過ぎない、ストレスを溜めない、飲酒や喫煙は控える、抗酸化作用のある野菜や果物を摂取するなど、生活習慣を見直し、改善していきましょう。たんぱく質の糖化は食生活を改善することで予防することができます。血糖値を急激に上げないように、甘味料が多く含まれているものは避ける、間食は控える、食事は汁物や野菜から摂取する、といった食生活を送りましょう。